2009年05月20日

灌水用、雨どいの工夫と便利グッズ

雨どいを工夫してみました。

これから梅雨の時期にはいるので潅水用に水をためようと思います。

前から雨どいは詰まっていて屋根からボトボト落ちていたのを90リットルのポリバケツに溜めていました。
しか〜し、妻から「溜めたポリバケツが動かないし、邪魔で通りにくい!」と苦情がありまして〜。

ついでに「誰かに頼んで雨どいのつまりを直せ〜っ!」っということで・・・。
知り合いのバケット車を借りて屋根まで上がって直したついでに、こんなものを作ってみました。

雨樋1.jpg

¥148の雨どいの繋ぎ用を買ってきて〜。

ペットボトルを切って差込みまして〜。

ライターで炙って密着、固定させました〜。

因みにペットボトルはCCレモン。

雨樋2.jpg

そして透明なホースを取り付けました。

今は子供のおもちゃ電話になってます。

休みになったら雨どいを途中で切って取り付けま〜す。


便利グッズ:支柱用テープを見つけました。

100円ショップ(ダイソー)でいいものを見つけました。

支柱止め3.jpg

前から気づいてはいたのですが買うまでは至らなかったのです。
でも実際に使ってみると便利です。

こんな感じです。

支柱止め2.jpg支柱止め1.jpg

食い込むこともなさそうです。
それにこのテープ、テープとテープでしかくっつかないんです。
つまり支柱や枝にはくっつきません。

この時期の柔らかいシュート、折れやすいですし、いいですよ!

既にお使いの方、多いですかね?
私、お気に入りになって、色々なサイズ買い込んじゃいました。
posted by ino at 22:50| Comment(12) | TrackBack(0) | 資材など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不思議な昆虫と5月のコガネ幼虫

ブルーベリーの葉っぱの裏にいたナナフシモドキ


昨年、まるで木の枝のようで、よ〜くみると虫みたいな「ナナフシ」を見ました。

そしてなんと支柱にシュートをくくりつけているとブルーベリーの葉っぱの裏に・・・

たぶんナナフシ.jpg

少し小さくて緑色の可愛らしいのがいました。
検索してみますと「ナナフシモドキ(幼体)」と出ていました。
今のところ被害もないので、子供に見せようと思い、そのままにしておきました。

翌日、子供が「飼いたい!」といって探していましたが見つかりませんでした。



なんと、いたんです。コガネ幼虫


この時期、信じられないくらいシュートが伸びてます。
しかし「思ったよりかわらないなぁ〜?まさか?」っと思ってマルチの下を探してみましたら・・・。

5月のコガネ幼虫.jpg

このザマです。
我が家では10号鉢以上になったらおいでになるようです。
posted by ino at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 訪花昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

5月のニュースいろいろ

ゴールデンウィークも終わってしまいました。
2日から休みだったのですが、色々と町内の行事など予定外の事が入り、全く『家族とどこかへ行く』という事はありませんでした。

明日は家族サービスの予定です。
という事で5月に入ってからのニュースいろいろです。


ブルベリー畑の予定地

なかなか思うように進みません。
耕耘、ユンボで溝作り、井戸水パイプの修理、なんとか前準備までたどり着きました。
写真の上半分、右半分がブルベリーを植える予定です。

畑でユンボ.jpg

春に植え付ける予定でしたが秋になりそうです。
それまでに畝を作って穴を掘るところまでを済ませます。
やっぱり大変だぁー!


内陸産ハスクチップが届きました。

内陸産ハスクチップSM.jpg

ねこパンチ!さんのところでお願いしていた内陸産ハスクチップS〜Mとロングレッドピートです。
まだあけていませんが、畑のような、植え替えがなかなか難しいところで使用する予定です。


チャンドラーとオザークブルーの幼果

今年も我が家では期待のチャンドラーです。

チャンドラーの様子.jpg

チャンドラーの幼果.jpg

これでも結構花芽を摘んだつもりだったのですが、マルハナバチさんがせっせと受粉してくれたおかげで今のところ房なりです。

そしてこちらは摘み残しがあって気がつくとこうなっていたオザークブルーです。
他にもありそうですね!

オザークブルーの幼果.jpg

果柄が長いくらいでまだ特徴と言うほどでもないですが、しっかり取り除きました。


マルハナバチさんと接ぎ木の様子

ライバルの花が終わったので今はブルベリーによく来てくれてます。

マルハナバチ01.jpg

マルハナバチ02.jpg

接ぎ木の様子.jpg

あまり順調とはいえません。
今後も期待してもう少し様子を見ます。


オニール、ミスティ、サミットのシュート

どちらも順調であれば、6年生クラスのオニールとミスティです。
今年になって庭植えから鉢へ移しました。

オニールミスティ.jpg

強選定 & 台きり状態でしたが、何とかいい形になりそうです。

そしてこちらは自根サミットです。
右側に1つだけ、1mくらい槍のように伸びていましたので下から20cmのところで切り返しました。

サミットの様子.jpg

サミットシュート.jpg

このあとどのような形にしようか考え中です。
posted by ino at 13:09| Comment(16) | TrackBack(0) | ブルーベリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レモン(リスボン)とタヒチライム、グーズベリー

レモン(リスボン)とタヒチライムの様子

今年になって購入したレモンとタヒチライムです。
すでに1m近く伸びている接ぎ木苗でしたが「できれば接いである部分より20cm上のところで切り戻す」と書いてあったので、思い切ってバッサリ切りました。

正直、心配だったんです。
特にレモンなんか20cm上で切ったら、木質化しているただの棒状態。
でも何とかこの状態になり、一安心です。

レモンとタヒチライムの様子.jpg


そして今年の1月に我が家へやって来た、セイヨウスグリの園芸種、グーズベリーです。

ふと気がつくと2〜3粒程度の実がなっていました。
この時期の実がとてもきれいです。

グーズベリーの実.jpg
posted by ino at 12:16| Comment(6) | TrackBack(0) | 果樹いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブルーベリーの花たち(2009年)

ゴールデンウィーク直前に撮影した少し古い写真です。

ノーザンハイブッシュ系ブルーベリーの花

ノーザンハイブッシュ系:サンライズ
サンライズ花.jpg

ノーザンハイブッシュ系:デューク
デューク花.jpg

ノーザンハイブッシュ系:ネルソン
ネルソン花.jpg

ノーザンハイブッシュ系:ダロウ
ダロウ花.jpg


ラビットアイ系の花

ラビットアイ系:オースチン
オースチン花.jpg

ラビットアイ系:デライト
デライト花.jpg

ラビットアイ系:バルドウィン(ボールドウィン)
バルドウィン.jpg

ラビットアイ系:ブライトウェル
ブライトウェル花.jpg


開花していった順番ですが、我が家のノーザンハイブッシュ系などは、早生/中生/晩生と順番がはっきりわかるほどではなかったような気がします。

それぞれの成長具合(元気の良さ)にも違いがありますし、まだまだ小さいですからそのあたりの影響もあるのかもしれません。
posted by ino at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 芽吹き・開花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。