2009年06月17日

コガネムシの幼虫対策(椿油かす)

コガネムシの幼虫対策への試み

10号鉢以上のブルーベリー3年生以上で「来年こそは収穫!」とか「これからっ!」という鉢に時折「コガネムシの幼虫が根を食い荒らす」という害虫被害にあいます。

皆様のブログではスパータンが収穫されておりますが、今期の我が家にはありません。
昨年はヌイもプルもブルーヘブンもやられてしまいました。


そこでブルーベリーブログの皆さんの情報より「椿油かす」に含まれるサポニンの効果について少し期待をもちつつ、試みてみました。

期待される効果や危険性などについて興味のある方は、情報として全て引用になりますので「椿油かす」のキーワードで調べてみてください。

「椿油かす」を試すべく、入手しようと調べていくうちに、以外と肥料としては、いいお値段で売られていることに気づきました。

そして、伊豆大島や五島列島など、国産の「椿油」の製油所があるところでは、椿油かすは肥料として地元の方が使われているようです。

いきなり、伊豆大島のとある所に問い合わせ、また問い合わせ、行き着いたところ、ある会社より送料持ちで送っていただきました。
善し悪しに限らず、結果をご連絡する約束です。

椿油かす01.jpg

思っていたより重たいです。
そして袋の上から触った感じは予想外でした。

椿油かす02.jpg

このようにローラーか何かで絞りきったようなあとがついています。
この状態でパキパキッとした堅めの、お煎餅のような状態です。

椿油かす03.jpg

手で壊して、両手で揉みほぐすようにするとこうなります。↓

椿油かす04.jpg

そして水をかけてみました。
送っていただいた方から「形状等についてお知らせしていなかったこと」を気にされていましたが、全くご心配いりません。

椿油かす05.jpg

サポニンが含まれているので泡が立ってきました。↓
シャワー水で水をかけますと、もっと泡立ちます。

椿油かす06.jpg

何となく柔らかくなってきました。↓

椿油かす07.jpg

ふと気づくといい感じのペースト状になってきました。↓

椿油かす08.jpg

溶けすぎても?と思い、ほどほどの粘土状で予防策としていくつかの鉢に入れてみました。

椿油かす09.jpg

成分がわかりませんので少し様子を見ます。

今度、コガネムシの幼虫を見つけたら枯れたブルーベリーの鉢に、上記の状態で施して、コガネムシの幼虫を放して様子を見てみます。

ちなみにコガネムシの幼虫は底にあるスリットの間から逃げてしまうので鉢はバケツの中に入れておきます。
posted by ino at 19:00| Comment(13) | TrackBack(0) | 病気・被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

ニュース、色々

今日は朝から一日中、借りてる畑で過ごしました。

昨日は子供と一緒に学校行事でドッジボール。
そして財布に免許証がない事に気づき、いくら探しても見つかりません。
たぶん一ヶ月前からありません。全く気にもしてくれない家族にあたってしまいました。
妻からは冷たい睨みと握り拳。グーパンチ(妄想では火がでて渦を巻いてます)って感じ。
おまけに妻の飲み会で12:00に迎えに行って喧嘩です。

なので家には居づらくて、今朝から一人で畑で過ごしました。
草取り、畝作り、そして「水如」と「オクラ」「トマト」を植えました。
あとイチジク(リサとコナドリア)2本と長崎早生のびわを植えました。

今日は愚痴っぽいのでコメントなしにしてます。


パトリオットがやっと色づきました。

人工授粉もしないまま、決して元気のいい状態でもないのですが我が家では最初の色づきです。
でも他がまだまだ青々とした幼果のままですがね!

色づき一番.jpg



フェイジョア:ジェミニの花が咲きました。

何度みても私には情熱的に見える花です。

フェイジョア.jpg



その後の雨樋利用の様子です。

まだ梅雨には入っていませんが何度かいっぱいになりました。
工夫次第で楽しめそうです。
接続時と通常時です。切り替えは手動ですね!

雨樋接続時.jpg雨樋通常時.jpg

そして溜まったポリバケツ90リットル。

溜まったポリ.jpg



品種不明のミニバラが全開です。

前は庭に植えていましたが、あまりにも手がつけられなくなるので根切りをして鉢植えに変更。
しかしその後も毎年元気に咲いてくれますが今年はなんと隣の木の高さ付近まで伸びてしまってます。

ミニバラ咲いた.jpg
posted by ino at 21:53| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

2月3月に接ぎ木した、6月の様子

接ぎ木、その後の様子

皆様のところでは幼果が色づきはじめ、そして収穫前の様子ですが、我が家ではまだ色づき始めていません。

なので、今年の2月、3月に会社に植えてあったラビットアイ3品種を接ぎ木にした、その後の様子です。

接ぎ木スパータン(台木:ティフブルー)

スパータン接ぎ木.jpg

2週間くらい前には既に諦めかけておりまして。。。

「吟じます!」

「コガネムシを、心配してマルチをゴソゴソトしてたら〜ぁ〜あ〜♪」
「水分いっぱいのものがポキッとおれて、あれっ?サッカーに養分が?と思った瞬間に〜ぃ〜い〜っ♪」
「なんだか、いけそうな気がするぅ〜♪」

すみません。でもそう思ったんですからしょうがないですよね(^^)
理由は別として、このまま様子をみま〜す。

サミット接ぎ木.jpg

実はこちらも、今頃からなぜか結構伸び始めました。
うーん!わかりません。

そしてこちらは無理かもしれません。
でもこのまま様子をみます。

サミット接ぎ木2.jpg



昨年、譲って頂いた九州産の接ぎ木サミットです。

昨年、temujinさんにサミット、シエラ、スパータンを2本ずつ譲って頂きました。
今年の冬に思い切って、二次成長部分ではなく、一次成長部分より切り戻しました。
本当に勇気がいりましたよ〜。

九州産サミットその後1.jpg

そして今はシュートもグングン伸びて、今は切り戻した高さ以上になってます。
まずは、一安心です。

九州産サミットその後2.jpg

そして今はこんな感じですが。。。

九州産接ぎ木6月.jpg

この秋には地植えへ移そうか?と考えています。

スパータンなんですが、きれいに120°間隔で三本伸びていたんですよ。
でも上から干していた布団が落ちてきて、大事なシュートが折れてしまいました。

「くやしいですっ!」



野良ゆず3兄弟より、レモン(リスボン)とタヒチライムの台木

まずはじめにご長男の「そのまま柚くん」です。

野良ゆず.jpg

気がつけば虫に葉っぱを食べられてます。

そして、ゆず台木の弟たちですが、どちらも接ぎ穂が黄色くなり始めておりまして、少し前まで完全に諦めてたんです。

でもレモンのほうがここへ来て、急に成長し始めました。
なぜなんでしょうね?

ゆず台木レモン.jpg

生きている感はあるでしょう?

でも〜ライムはアウトーっ!
なので「この時期がベストなのか?」と勝手にポジティブ思考で。。。

ゆず台木ライム.jpg

挿し木からタヒチライムを抜いて、接ぎ直し!
そしてぐるぐるミイラ巻きです。

お願い!神様!どうせなら二人ともうまく成功してください。
ラベル:接ぎ木 ゆず台木
posted by ino at 23:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 挿し木・接ぎ木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェイジョアのアポロとジェミニ

先日、フェイジョア、ついに買ってしまいました。

ブルーベリーを育てておられる方々の中にはフェイジョアも育てられておられる方が多いような気がします。

近くのホームセンターで、な・ぜ・か・ブルーベリーコーナーの端(園芸コーナーの端でもある)で見つけたフェイジョア、1,980円です。

フェイジョア1980円.jpg

その日は母親とホームセンターへ「ふらっ」っと買い物へ。
そして欲しそうに見ていると「買えばいいじゃない!」と、母が。。。
でもレジでお金が足りなくて「カードで2回払い!」

妻には内緒なのです。
きっとこれは数ヶ月後に「グーパンチ」ですね!

このフェイジョア、結構、前からあったんですよ。
この辺では売れている気配がなく「こんなところにひっそりじゃ、そりゃそうだわなぁ〜」って思ってました。
品種は2種類のみ。
「もう1品種くらいあってもいいなぁ」と思いましたが、この辺では他になく、通販でも売り切れが多いようです。

蕾がついていました。
帰って早速、6号アップルウェアのトレンチポットに植え替えです。

アポロ:中生品種
アポロの蕾.jpg

ジェミニ:早生品種
ジェミニの蕾.jpg

ジェミニは購入時に葉っぱがヨレヨレで鉢も軽かったのです。
昼前でしたが、お店の人に、バケツに1分程たっぷりとつけてもらいました。
植え替え後、夕方頃には元気にもどっていました。
一安心です。


関係ないですが会社に植えてしまった「清水白桃」です。

もう植えて4年目ですが隣の受粉用は大きくなりません。
昨年は、軟式ボールくらいになり、5つほど皆で食しました。
非常に甘くておいしかったです。

桃袋がけ.jpg

摘果が遅かったかもしれませんが、今年も袋がけをしました。
全く以て、ドシロウト集団ですが、味見は楽しみです!
posted by ino at 23:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 果樹いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。