2010年04月12日

畑の様子と日本蜜蜂の巣箱作成

先週は昨年の長男に続いて長女の入学式に次男の入園式と2日続いて、桜の花の下で家族写真を撮りました。
妻はなぜか全くわからないタイミングで泣いてました。

日曜日は土砂降りの雨の中、消防団のポンプ車操法大会があって、久々の上位入賞で大賑わいでした。一応選手で指揮をやったんですよ。

そしてやっと今週から少し余裕ができそうで休みの日もブルーベリーをつつけそうです。

さて、今日はそんな中、畑の様子と新しい企み?試み?についてです。
写真は先週のものです。

最近、野菜を育てる畑用に馬糞を頂きました。
手前の山積みにしているのがそうで奥側にもあり、4トン深ぼてで結構な量です。

牛糞馬糞.jpg

馬糞は競走馬を育てている牧場から運んでもらった物で良質な飼葉を食べた馬糞と聞いてます。
まだ少し臭うのでブルーシートをかけて当面はここで発酵してもらいます。使用できるのはまだまだ先ですね。

畑全体の左側です。

畑左.jpg

そしてブルーベリーを植えている右側です。
やっと畝間のナギナタガヤが育ってきてこの部分の雑草は抑制されています。

畑右.jpg

問題は高畦になっていないことですね!
一応、水はけのテストはしてそこそこの状態は確認しました。
がしかし、結果的に畝となる部分が沈んでます。

原因はユンボで掘った土を縦方向に置かず、横に置いてしまったのが失敗でした。
結局、平らにしたつもりですが畝のほうが一度掘って埋め戻していることにより時間と共に沈んで低くなりがちです。

○自分が思う反省点
・ユンボで深く掘るのは水はけが悪く暗渠が必要な場合。
・掘る深さは20cm程度にして、土は畝上の穴と穴の間に置く。
・畝部分にピートモスなどの資材をたし、耕せば自然といい感じの高畦になる。
・植え込み(樹間)は1m感覚で高畦部分に埋める程度で半径40cm程度を気にする。

初めからできていればもっと簡単に素早くできていたかもしれません。
今は増量用に頂いた用土をたしており更に植え込み時に高畦になるよう用土で囲います。

なかなか思うように進みませんね。今年の成長具合が勝負です。



○日本蜜蜂の飼育がしたい

ブルーベリーの世話もしきれていないのに手を広げようとしている自分がいます。
ご近所に某Y養蜂場にお勤めの方がおられまして、その方から「この辺は日本蜜蜂がいるだろうから捕獲しやすい」という話を聞きました。

前々から少し興味があったんですぅ〜。
でも興味をもつとすぐに行動に移して凝ってしまう自分。

しかし気がつけばネットで調べ、巣箱の種類や特長、日本蜜蜂と西洋蜜蜂の特長などじわじわと興味を持っている自分。

あぁ〜。そしてこれですっ!

できたて04.jpg できたて03.jpg

できたて02.jpg できたて01.jpg

全く以て、今までに経験はありません。
ノウハウなんてなくてこれから覚えたいのです。
初の巣箱、そして臭い消しの為のバーナーで炙っていません。

設計図を拾い集め、特長やご自慢の機能、ポイントを混ぜながら、実際に巣箱生産を受注して作った経験のある妹の旦那と相談し、材料費だけで作ってもらいました。

そぉ〜なんですっ。作ってもらったんですっ。
でもねっ!妹の旦那は本格的なプロの職人なんですよ。
折角なので頼んで作ってもらった方がいいでしょ。

図面は書きましたよ。手書きですが。。。一応、工業高校の機械科出なので簡単な寸法図程度ですけど。

そしてこれが完成です。

炙り後01.jpg

炙り後02.jpg 炙り後03.jpg

炙り後04.jpg 炙り後05.jpg

・中も同じように炙りました。今は雨ざらしにしてます。
・入居用に縦穴開けてます。塞ぐ準備もしています。
・下の入り口は6mmで中に敷板があって合わさないと入れません。

これからの不安材料です。

これで入居を待つ方向で考えてますが、置く場所を大きな広葉樹の横?木陰?置きたい場所の近くにいい所が見つかりません。

捕獲用と飼育用と出入り口を2種類開けてみました。
用途により塞ごうと思っていますが、待ち桶は専用の方がいいのでしょうかね。

色々知りたいことはたくさんあるのですが、まだ専門的知識をお持ちの方々の所へデビューできていません。
やっぱりなかなか勇気がないんですよ。。。

でも色々と夢は広がるもんです。今はもう少しいい夢みさせてください。
posted by ino at 23:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 閑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
入学・入園、おめでとうございます。門出は緊張と期待とでいっぱいになるでしょうね。早く慣れて、友達沢山出来ますように!
しかし、立派な蜂箱ですね!本格的に養蜂をなさる勢いを感じます。我家には、キンリョウヘンが有るだけです(笑)マンションなので、まだ踏ん切れません。
Posted by かいづ at 2010年04月12日 23:54
おめでとうございます。
入園式や入学式・・・いいものですよね。
よくここまで大きくなってくれた。みたいに思うと、涙腺もゆるみますよ(苦笑)

ハチの巣箱・・・いいですね。
うちの回りには、もうミツバチはほとんどいなくなってしまったのか、毎年家に来たことがないです。
たくさん集まるといいですね!
Posted by very blue at 2010年04月13日 00:29
入園、入学おめでとうございます。
子供が大きくなるって嬉しい反面心配も増えますし複雑です。(汗)

本格的な巣箱ですね〜!
当地は田舎なんで野良蜂は結構いますよ(笑)

沢山の蜂が来るといいですね。
Posted by ねぎぼうず at 2010年04月13日 19:33
かいづさん
ありがとうございます。
なんだかこれからが心配なんですよ。
いじめられないかなぁ〜なんて。門出は気持ちいいような不安なような一日でした。
キンリョウヘンがあるなんてさすが、かいづさんですね〜。
やっと日本蜜蜂の蜜蝋を頂いたので今度はキンリョウヘンです。
Posted by ino at 2010年04月14日 00:11
very blueさん
ありがとうございます。
今年はお互いに入学式でしたね〜。
じつはそちらのブログを拝見して「はっ」と思い出しました(汗)
蜜蜂にまで実際に手を出すとは家の家族だれも思っても見なかったようです。
今は夢ですね。
Posted by ino at 2010年04月14日 00:14
ねぎぼうずさん
ありがとうございます。
そうなんですよ〜。本当に心配なんです。
真ん中の女の子なんか気が強くて、いじめられないかなぁ〜なんて心配をしています。
本当は飼育するところに入居してくれるといいんですが、やっぱり条件は難しいみたいです(^^)
Posted by ino at 2010年04月14日 00:19
inoさんも日本ミツバチ始めますか。私もやろうとは思っているのですがキンリョウヘンを買うかどうかでためらっています。養蜂も結構大変みたいだから世話しきれるかで二の足を踏んでいます(笑
Posted by Berry at 2010年04月14日 19:29
Berryさん
まだ捕獲できていないので夢見心地ですよ。
キンリョウヘン、高くて手が出ませんよ〜。
なので養蜂場の方からわけていただいた日本蜜蜂の蜜蝋で呼び込みたいです。
Posted by ino at 2010年04月14日 23:34
 始めまして、ブルーベリーと日本蜜蜂に手を染めている者です
 綺麗と言うより立派過ぎる巣箱ですね!、初めての挑戦ですので期待と不安が交錯していると思いますが、必ずや入る!と言う信念で望んでください
 置き場所は、見晴らしの良い・風通しの良い・高い所etc…ですが、自宅ベランダの二階等も条件的にはぴったりですよ!、ただ、待ち箱(桶とも言います)は4段も要りません、多分15Or18センチ幅の重箱だと思いますので2段で充分ですよ!、それとキンが有れば"キンに金棒"なんですが、蜜蝋をお持ちの様ですので、近くに競争相手が居なければ可能性は有ると思います
Posted by BB讃岐 at 2010年04月16日 10:43
BB讃岐さん
どうも初めまして。inoと申します。
BB讃岐さんにはブルーベリーをはじめ、日本蜜蜂のサイトでもお見かけしております。
この度、コメントを頂きまして恐縮しております。

実は頂いた蜜蝋を生成せず、蜂蜜のついたまま接着剤代わりにしながら塗りました。
置き場所は見晴らしは良く、風通し抜群です。
山の途中なので高いところですが杉の木の陰になるところで、南向きに入り口に日があたるように置きました。
キンリョウヘンやミスマフェットは高くて買えませんでした。
すぐ下には荒神様(神社のような所)があるのでそこがベストなのですが色々とお守りをされている方々がおられるので慎重になってます。
重箱は2段にしてみます。

周りからは難しくも言われますが自分の気持ち的には入ってくれそうな予感はあるんです。

なかなかリンクは貼ってあるのですがリードオンリーな状態で初心者的質問ができていません。
今度、置いている様子もアップしようと思います。
是非、見て頂けないでしょうか。
拙いブログで更新も頻繁にはできていませんが、どうぞこれからも宜しくお願い致します。
Posted by ino at 2010年04月16日 12:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/146010967
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。