2009年10月26日

嬉しいプレゼントとブルーベリー畑の様子いろいろ

やっと、ヤブ蚊なんかも気にならず、作業のしやすい季節となりました。
この時期はお風呂に入っていても、トイレでも、寝る前でも、頭の中はブルーベリーのことが浮かんで考えています。

やることがいっぱいあって、休みという休みを全てブルーベリーに費やしたい毎日ですがそうはいきませんね!

そんな中、10月21日(水)に広島へ出張で、その帰りに、temujinさんの所へおじゃましてきました。
着くと、ブログでお見かけするpakipakiさんが来られており、とても優しそうな感じの方で握手を交わしてお別れしました。

この度、temujinさんには気持ち程度のお土産しかお持ちしていないのに、とても豪勢なプレゼントを頂きました。

☆実は春から「欲しい光線」をだしていたデニース☆
temuデニス.jpg

☆頂いたデニースと他にも色々☆
temu頂き物一式.jpg

デニース以外にも、我が家で種の保存が途切れてしまった品種などなどあって色々と頂きました。

☆こんなに大きくなるサンプソン☆
temuサンプソン.jpg

確かtemujinさんの記事で、この春に買われたばかりのサンプソンです。
この成長っぷり、本当にビックリですね〜。
これは、このまま畑で地に降ろすことになりそうです。

そして、この他にもブログの記事にあった挿し木用のスリットのEG7.5サイズと40穴トレイ一式を2セット、頂きました。

こんなに愛情を込めて育てた苗木を沢山頂きまして、本当にありがとうございます。
大切に育てて畑の親株にしたいと思います。



今回も久々の更新なので、か・な・り、ながい記事ですよ〜。

ここからは、2年越しでお借りている旧牧草地の畑について近況報告です。

畑の方は、早くブルーベリーいっぱい実るブルーベリー畑にしたいのですが、なかなか思うようにはなりません。
気づいていない失敗もあると思いますが、大きな失敗を3つ。


☆失敗その1:畝作り☆
「沢山植えた〜い」っと思いがついつい先行して、高さ20cmの畝で、1.5m間隔で作ってしまいました。
鋤簾で苦労してつくりましたが、ブルーベリーの場合は作業のやり易さからも考慮して、しっかり余裕をもった間隔にするべきですね。

まぁそれでも結局、2.0m間隔しかできなかったんですけどね!
旧牧草地といっても畑草いっぱいのところだったので一度作った畝を壊して作り直すのは本当に大変でした。


☆失敗その2:雑草対策☆
トラクターと耕耘機で3回ほど梅雨前に耕しておいたので安心したのが失敗でした。
仕事や町内行事が忙しく、ちょっとの間、手がつけられずにいたらもう大変です。
気がつけば、ぎっしりと1mくらいの高さまで信じられないほど、雑草が生えていました。
何しろ刈り払い機でかっても倒れませんから。。。


☆失敗その3:タイミングと時期と計画性☆
ユンボで60cm×60cm×50cm穴を80箇所。でも掘った深さと畝の高さ分まで計算に入れておらず資材が足りませんでした。
掘ったあとの土の置き場所も畝間に置いたので、今度はスコップなどの人力で戻すのはとても大変で整備が進みません。

このような作業は初回だけなんですが、その初めの計画性が肝心なんですよね!
皆さん、ブルーベリー畑を作る時は、時期も合わせて計画性が必要です。



☆畑の様子(全体)☆
1022畑_全体.jpg

車で中まで入れるように真ん中に道をつけました。
そして休憩や昼食、収穫祭をして楽しむを目的に櫓を組んでもらっています。


☆右側のブルーベリー予定地☆
1022畑_右側.jpg

肝心のブルーベリー苗木の植え付けが完成していません。


☆左側の野菜畑☆
1022畑_野菜たち.jpg

ブロッコリー、カリフラワー、白菜にほうれん草、春菊を植えています。
子供たちと誰のイチゴかの名札をつけたイチゴ苗(紅ほっぺ)も植える予定です。
どうです〜。ココは本当に眺めがいいんです。
おにぎり持って昼休憩なんかしたら眠たくなりますよ〜。


☆資材色々とピート池☆
資材とピート池.jpg

ピート池.jpg

籾殻を親戚や知り合いから沢山もらってきました。
ピートモスとココチップは足りませんでした。資金面もたりませんでした(笑)
ユンボで穴を掘ってピートモスを雨水を吸わせて寝かせておく小さな溜め池です。


☆掘った穴に籾殻☆
移植前03.jpg

60cm×60cm×50cmの穴に籾殻をバケツ二杯入れました。
当地では籾殻のことを「すくも」と呼んでますがこれは地方の方言なんでしょうか?
検索でも出てくるのでお近くの方言?それとも、もしかして全国共通?


☆ピートモス、ココチップ、ビーナスライトを混入☆
移植前04.jpg

バケツ二杯分なのに明らかに足りてません。
畝で+20cmとするなら掘り下げは30cmで充分だったかも知れませんが、埋め戻せばいいことなので土壌改良にはプラスということで。。。


☆不調だったオニールと紅葉を始めたアリスブルー☆
1022畑_オニール.jpg

家の西側で不調になりカイガラムシがついていたのを、今年の春に植え替えて、「少しは復活したかなぁ〜」って感じのオニールです。
そして突然、自宅に戻りまして〜。
ついに紅葉をはじめました、アリスブルーです。

紅葉アリスブルー.jpg

よ〜く考えると追肥していない気がします。
少し前まではもっと鮮やかだったんですけどね〜。


☆雪印系ナギナタガヤ種☆
雪印系ナギナタガヤ種.jpg

最後に雪印種苗さんのナギナタガヤです。
タネが欲しくて本社に問い合わせた所、近くに直営工場があり、直接買いに行ったナギナタガヤです。
在来種や海外のものなど色々あるようですが早く倒れる雪印系を選びました。
これで草生栽培、雑草対策を試してみます。
ついでにあるのは白クローバーの種です。
一緒に混ぜてみたいと思います。

1022畑_ナギナタガヤ.jpg

こちらはタネを蒔いて3週間くらいたった様子です。
いっぺんには出来ておらず、まだ蒔いていないところもあります。



やはり長くなりましたね〜。

最後まで見て頂きましてありがとうございます!


9月から「休みと暇」さえあれば畑へ行って試行錯誤。
3人いる子供の面倒は見切れいなぁ〜い。
子供を畑に連れて行けば「パパあ・そ・ぼ!」最初はいいんですがどうしても「暑い、疲れた、帰りたい〜」結局、家に連れて帰ります。

で、そうなると今度は、妻と母から「いい加減、ほどほどにしなさいよっ!」
「妄想グーパンチ日記」といいながら、このところ平和だったんです。

しかし、内緒で買っていたブルーベリーの苗木が届き、ラズベリーなどサカタのタネの明細がバレてから、どうも最近はちょっとしたことで大目玉を喰らってます。
そうそう、もうすぐ届く、大関さんの明細もバレました。荷物が届くのがちょっと怖い(汗)

妄想ですが、今回は、か・な・り・のグーパンチです。
posted by ino at 00:07| Comment(16) | TrackBack(0) | 植え替え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

庭植えオニールとミスティの植え替え

庭植えにしていたオニールとミスティを植え替えました。

サザンハイブッシュ系:オニール、5年生です。
すぐ隣には同級生のミスティさんがお住まいです。

オニール植え替え前.jpg

ここは家の南西側に80cmも掘ってつくった花壇。
午前中は、ほとんど日陰で午後は西日があたります。
昨年、気がつくとカイガラムシだらけになってました。

オニール植え替え中.jpg

ということで、まだ準備ができていませんが地植えに行ってもらうことにしました。
と、その前に暫し鉢植えでがまんしてもらいます。

オニール植え替え後.jpg

根が少し弱ってました。
気がつくと10号スリットに入ってしまいます。

オニール蕾.jpg

かなり強剪定です。せっかくの蕾、今年の結果はありません。
そして重傷だったミスティです。

ミスティ台切り.jpg

根は小さくなってました。
ほとんど台切り状態です。左側は挿し直します。

そして少し強引ですが接木をしました。

昨年の挿し木のホームベルです。5つあるうちの2つを接木にしました。
残りの3つはもう一年、育ってもらいます。

というか来年、接ぎ木用ホームベルの挿穂がないので今年はいいシュートをゴールど真ん中に決めてもらうしかありません?(笑)

ホームベル台木.jpg

なんとも情けない根張りですがね。

接木サミット.jpg接木スパータン.jpg

結局、サミットとスパータンと一つずつで終わりです。
今回は薄めに切って切り接ぎです。

ついでに、またまた挿してしまいました。
7.5cmスリットがもうないので、3本ずつ挿してしまいました。

挿し木と接ぎ木.jpg

保険苗と思って挿し続け、あぁ〜気がつけば、ついに3桁。
もしすべて順調に育ったらどこに置くの?

5号スリットがたくさんいるなぁーっと思う今日この頃。。。
あっトレーもいるなぁ〜。
posted by ino at 20:37| Comment(10) | TrackBack(0) | 植え替え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

2009年バージョン用土と植え替え

用土作りと植え替え

2008年11月に届いた、2年生の苗木をずーっとそのままにしておりましたので、少し寒かったのですが重い腰をあげました。

まずは用土作りからです。
前々から揃える準備はしていましたが、いざ運んできて、封を切って、というとすぐがすぐにはいかないもんです。

2009年バージョンは、
3:ピートモス、ラトビア産(10-30)
2:ピートモス、JAカナダ産(細粒)
2:ベラボン(3M)
1:ベラボン(5M)
2:黒曜石パーライト「ビーナスライト」(20号)

ピート(ラ3カ2)5-ベラ3M1.5-ベラ5M1.5-パラ2.jpg

JAのピートモスを4キュービック×2が余っているので混ぜました。
ベラボンは5Mと3Mを混ぜてみました。
挿し木用には3Mだけなんですが今回は5Mを入れてみました。
ということで結局は、

5:ピートモス
3:ベラボン
2:パーライト

で今回から鹿沼土は使っていません。
それでも中粒と小粒の鹿沼土20リットルづつ余っているので5年生以上の植え替え10号以上で使おうと思います。

大関から届いた2年生の苗木、26/30本を植え替えしました。
4本は日が暮れて寒くて・・・できませんでした。

スパータン根洗.jpg

たまたま、きれいに根洗できた写真です。
他の方の根洗はもっときれいにできていますが、我が家に届いたのは、根洗なんてほとんどできないくらいでほぐすのがやっとで大変でした。

やっと植え替え.jpg

26本分を昨日半日と今日は朝の10時からやって何とかできました。

鉢底には今まで日向土を使っていましたが今回からは、
スリランカ産CoCoチップ 6×12 4cu 買ったのでこれを気持ちよ〜く使います。

マルチについてですが、昨年の4月に針葉樹のドッグラン用に作ったチップを大量に分けてもらったのがあって、そろそろ使ってもいいかなぁと思いながらも、思い切ってベラボン8Mを使いました。

来週の土日は残り4本とその他の鉢を植え替えます。
posted by ino at 21:29| Comment(10) | TrackBack(0) | 植え替え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

接ぎ木スパータン、シエラにサミット植え替え

接ぎ木のシエラとサミットを植え替えました。
接ぎ木と言えばブルーインパルスシリーズが有名かもしれませんが、この接ぎ木は、temujinさんより九州産の接ぎ木を譲ってもらいました。
ホームセンターに同じ物が販売されているのを見る度に、にんまりと心の中で感謝致しております。
temujinさん、ありがとうございます。

植え替えの様子をとばしてますが、植え替えた後のシエラとサミットです。
サミットシエラ植え替え.jpg

ついに紅葉が始まりました。
九州産紅葉1.jpg九州産紅葉2.jpg

そして今回、追加で譲っていただいた、接ぎ木スパータンです。
九州産スパータン.jpg

九州産接ぎ木拡大.jpg

とても大きいです。太いです。
自作でここまで仕上げれるようになりたいですね。

スパータンのほうも来年の動き始めが少しでもいいように早く植え替えをしたいのですが、なかなか時間がありません。

前のシエラとサミットは、時期が時期だったので根洗いはそこそこ程度にしました。
新しい用土を入れて、仕上げはスリットごとバケツの中でジェット水流の後、ちゃぷちゃぷっとして浅めに納めました。

あぁ!ゆっくりとした時間がほしいです。
まだまだ今年のうちに植え替えを済ましたいのが沢山です。
posted by ino at 12:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 植え替え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。