2009年10月02日

コガネ虫の幼虫と椿油かすの効果について

こんにちわ ino です。

8月、9月と更新をサボり、そして会社のPCで休み時間などに皆様のブログにお邪魔してコメントしてました。
本当に不定期に失礼して、申し訳ありませんでした。

そして今回は、9月が過ぎてしまい、久々の更新となりました。
この度は6月に「椿油かす」に含まれるサポニンの効果についてご報告したいと思います。

「椿油かす」は伊豆大島のとある所にあります、そのままの名前の会社様より送料のみで譲っていただいた代物です。

実はそのあと1匹だけ越冬したコガネ幼虫(以降、○○○)がいましたので、鉢の下から逃げられないようにして効果の実験をしました。
しかし、結果はいなくなってしまったのです。
死んで分解されたのか?それとも成虫になって飛んでいったのか?
わかりませんでした。

なので今度は生み付けられた後の効果として様子を見ようと10号鉢以上の鉢に肥料代わりに仕込んでおきました。

そして先日、○○○チェックをしたところ、一つの鉢から10数匹見つかりましたが、他の鉢からは見つかっておりません。

○○○の幼少期に効果があったのか♪
と思いながらも、まずこの時点で、なぜノースブルーに???

でも「きっとこのノースブルーだけ施肥するのを忘れていたんだ」ということにして。。。

そして実験しました。
では、捕まえた○○○を利用して、以下は写真をご覧ください。

☆捕まえたま○○○10数匹☆
コガネ実験01.jpg

☆枯れてしまったスターの根っこへどうぞ○○○さん☆
コガネ実験02.jpg

☆油かすとともによーく泡立てて☆
コガネ実験03.jpg

☆まずは椿油かすを敷き詰めます☆
コガネ実験04.jpg

☆下からは逃げられませんからっ〜☆
コガネ実験05.jpg

☆一応サポニン、サポニンっと☆
コガネ実験06.jpg

☆泡立ってるな〜☆
コガネ実験07.jpg

これで様子を見ましたです。
一般の方からすると残酷なことをしています。
子供からは「自然破壊じゃーっ」「パパやめて〜っ」

申し訳ないですが今まで裏山に散っていったブルーベリーと引き替えにさせていただきます。

そして約1週間後のある日、携帯にグーパンチ日記らしいメールが。。。

「なぁ〜んか、玄関口で、すっごい臭いけど、何〜っ!」
「ザリガニでも死んだような臭いがするけど、いい加減にして〜っ」

ここからは今まだに嗅いだことのない悪臭でした。

☆まずは桶の中に出してみました☆
コガネ実験11.jpg

☆生きている○○○と死んでいる○○○☆
コガネ実験12.jpg

☆もう○○○の形があまりありません。☆
コガネ実験13.jpg

☆ナメクジには効果ありのようです。☆
コガネ実験14.jpg

結果発表っ〜

○よく思える結果○
・ナメクジには効果はある
・○○○は死んでいた、そして弱っていた。
・卵から孵ったばかりの○○○には効果があるかも〜
・成分はわかりませんが肥料として使われています。

○勘違いじゃーねーの○
・水分に弱いのでそれで死んだんじゃない
・臭かったのはナメクジじゃーねーの
・幾ら何でも臭いのは・・・
・椿かすが臭いのでは?

過湿気味だったので死んだのかもしれませんね?
でも明らかに生きていた他の○○○は弱っていました。
そしてはじめに放した時の数に対して見つかった○○○の数は足らなかった。

うーん!でもねぇ、臭いのも、たまりませんから〜。
だってシャワー浴びたのに鼻に臭いが残っているようで酷かった。

来年、卵から孵ったばかりの○○○対策として、6月頃にもう一度、施肥してみたいと思います。

それでダメなら。。。

今はダイアジノン粒剤5はハンコいらないのかな〜?
普通にガラスケースの外にありました。
効き目がなかったら、来年以降で考えます。

ということで、なかなかはっきりしませんでしたが結果報告とさせてください。

ちゅっと宣伝ですが、8月よりローカルなFM試験放送中のこちらで、月1回の1時間番組をやらせて頂いてマース!もう2年目なんですよ!
番組名は小原マイタウンです。
岡山県北で聞けますので、もし、もし、お近くに来られたら聞いてください。

http://www.fm-tsuyama.jp/

そして、10月2日、今日は可愛い次男坊の3歳の誕生日。
私が定年の頃には、やっと二十歳の成人です。
今日は仮面ライダーダブルの変身ベルトを買って帰ります。

長々とおつきあいありがとうございました。
posted by ino at 00:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 病気・被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

コガネムシの幼虫対策(椿油かす)

コガネムシの幼虫対策への試み

10号鉢以上のブルーベリー3年生以上で「来年こそは収穫!」とか「これからっ!」という鉢に時折「コガネムシの幼虫が根を食い荒らす」という害虫被害にあいます。

皆様のブログではスパータンが収穫されておりますが、今期の我が家にはありません。
昨年はヌイもプルもブルーヘブンもやられてしまいました。


そこでブルーベリーブログの皆さんの情報より「椿油かす」に含まれるサポニンの効果について少し期待をもちつつ、試みてみました。

期待される効果や危険性などについて興味のある方は、情報として全て引用になりますので「椿油かす」のキーワードで調べてみてください。

「椿油かす」を試すべく、入手しようと調べていくうちに、以外と肥料としては、いいお値段で売られていることに気づきました。

そして、伊豆大島や五島列島など、国産の「椿油」の製油所があるところでは、椿油かすは肥料として地元の方が使われているようです。

いきなり、伊豆大島のとある所に問い合わせ、また問い合わせ、行き着いたところ、ある会社より送料持ちで送っていただきました。
善し悪しに限らず、結果をご連絡する約束です。

椿油かす01.jpg

思っていたより重たいです。
そして袋の上から触った感じは予想外でした。

椿油かす02.jpg

このようにローラーか何かで絞りきったようなあとがついています。
この状態でパキパキッとした堅めの、お煎餅のような状態です。

椿油かす03.jpg

手で壊して、両手で揉みほぐすようにするとこうなります。↓

椿油かす04.jpg

そして水をかけてみました。
送っていただいた方から「形状等についてお知らせしていなかったこと」を気にされていましたが、全くご心配いりません。

椿油かす05.jpg

サポニンが含まれているので泡が立ってきました。↓
シャワー水で水をかけますと、もっと泡立ちます。

椿油かす06.jpg

何となく柔らかくなってきました。↓

椿油かす07.jpg

ふと気づくといい感じのペースト状になってきました。↓

椿油かす08.jpg

溶けすぎても?と思い、ほどほどの粘土状で予防策としていくつかの鉢に入れてみました。

椿油かす09.jpg

成分がわかりませんので少し様子を見ます。

今度、コガネムシの幼虫を見つけたら枯れたブルーベリーの鉢に、上記の状態で施して、コガネムシの幼虫を放して様子を見てみます。

ちなみにコガネムシの幼虫は底にあるスリットの間から逃げてしまうので鉢はバケツの中に入れておきます。
posted by ino at 19:00| Comment(13) | TrackBack(0) | 病気・被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

トロの症状と意外な情報

先日に届いたO関Nさんから届いた苗についてメールとホームページから問い合わせをしました。

・トロとアーリーブルーについて病気を持っているのではないでしょうか?
・待ち望んだ苗で、品質が気になってます。
・パテント品種も同梱されており、心配です。
といった内容と、以下の写真です。
トロの葉.jpgトロの茎.jpg

夜に部屋に持ち込み震えながら撮ったのでブレてピントがあってません。

本日の午前9時にO関Nさんから電話があったと妻から連絡がありました。
妻が午後8時に帰宅すると伝えたら、時間通りに電話がありました。
用件は問い合わせに対しての説明でした。

○写真についての説明(電話口頭を覚えている限りです)
茎にある黒いカビのような病気について、すす病だと思う。
日本では観葉だと見た目も悪く、病気としているが、ブルーベリーは果樹なので、これが原因で枯れることはないのでご容赦頂きたい。
また、葉にある黒い斑点は、紅葉前の生理現象であり、希に出る場合があり、病気などで枯れることはない。
と丁寧な敬語で説明して頂きました。

また、ついでなので色々と質問をしてみました。
以下の内容は電話での説明を覚えている限りでテキストにしてみました。
この文面を用いての交渉はしないでくださいね。

○パテント品種について
Q1
パテント品種の管理場所が鉢植えから畑などの地植えに変わった場合に住所が変わったら契約書の再登録が必要ですか?
A1
弁護士にも相談してみたことがあるが、県境で又がない限り、その辺は問題はないと思う。

Q2
増植は禁じられているが購入者本人が購入本数を維持する為に救済することを目的とした行為はどうなのか?
A2
誓約書を書かしている立場でこんなことを言ってはいけないかもしれないが、基本は増殖はいけないのだが、その条件であれば臨機応変なところもあると思う。

Q3
パテント品種のエメラルドはもうないのですか?
A3
おかげさまで売り切れました。
今年は問い合わせも多かったので、品種によって対応は変わると思うが、来年から一部のパテント品種について、最少本数が変えれるよう、海外に働きかけてます。

○コガネムシの幼虫について
Q4
どのような対策をうたれていますか?
A4
地植えなどでは農協でも手に入るバイオトピア。
一般の苗ではダイアジノン粒剤を使っている。

○スバルタン、アーリー、トロの成長について
Q5
当地では翌年の育ちが悪く値張りも悪く、根腐れを起こすのです。
A5
上記の3品種は成績が悪いです。
鉢なら地面に置くのではなく、少し高いところに置いて、下の風通しを良くすると枯れにくい。

といった会話をしました。
一語一区を記録したわけではないですが、コガネムシの幼虫などについては、ダイアジノン粒剤3を買ってみようと思い、一歩手前でした。

来年こそトロ、アーリーブルーの予備も育てながら、何とか枯らさないよう成長させたいと思っております。
posted by ino at 00:13| Comment(10) | TrackBack(0) | 病気・被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

コガネムシ幼虫:パーライトの実験

もう既に秋、皆さんはブルーベリーのネタも変わりつつある中、我が家では、まだ届いていない苗もあります。

そんな中、パーライトを使った、しょうもないコガネムシ幼虫の実験をしてみました。

下の写真は昨年の秋に大関ナーセリーより2年生で届いたリベールです。
今年は夏を過ぎても順調でした。(昨年は枯れてしまいました)

がしかし、「何やらおかしいのがあるよ」と妻の声。
↓うんっ?
被害全体.jpg

一応、コガネ調査してみるか!
と、マルチを取ってみると・・・

「うんっ?そんなにフカフカしてない!」
マルチに根が絡んでます。

「いやいや」そんなはずはない!

と・・・やっぱり出てきました。
しかも、いつもの奴より、4分の1くらい小さいやつが・・・

バケツに水を張って、鉢ごとつけていると浮いてくるらしいのですが全く浮いてきやがらねぇ。

完全根洗い状態までチェックして14匹です。
写真はありません。

ここで思い出しましたよ!

実は3週間前にレカから捕まえたコガネムシ幼虫15匹を3種類の用土に埋めていたのを見る気になりました。

1.スリット10号を厚紙で3つに区切りました。
コガネ実験1.jpg

2.今年の用土。パーライトは真珠岩パーライトを15%使用。コメリで購入です。
コガネ実験2.jpg

3.最近入手の黒曜石のパーライト「ビーナスライト」を20%使用です。
コガネ実験3.jpg

4.区分けした鉢に3種類の用土。もう一つは元々見つかった時の居心地のいい用土。
コガネ実験4.jpg

5.少し、ひいき目にパーライトのある側だけに置いて、マルチしました。
コガネ実験5.jpg

あ〜っしょうもない実験!と思いながら3週間。

正直、忘れかけてました。

あのリベールを見るまでは・・・

そしていよいよ結果発表です。

マルチを取ってみました。

その前に解説します。
用土は3種類です。

A.パーライト黒曜石20%:芙蓉パーライト

B.パーライト真珠岩15%:HCコメリで購入

C.元々コガネ君が居心地がよかった用土。

そして、あえて居心地のよかった所を避けて、パーライトのある側、2カ所のみへ配置してマルチしました。

果たして嫌がって移動しているのかどうか・・・という実験。

どうでしょう1.jpgどうでしょう2.jpg

うんっ?いない?

芙蓉パーライト1匹もいません。本当か?
7匹も配置したのに?

結果発表です。

A パーライト黒曜石20%に  0匹

B パーライト真珠岩15%に  3匹

C 居心地がよかった用土に  4匹

微妙ですね〜!

0匹といってもすぐ隣の土にはいました。

さてさて、この結果を「嫌って移動した」と判断できるのかどうか?

しかーもぅ!8匹はどこへ行ったんだーっ?逃げたのかーっ?

はぁーっ!やった以上発表しないと気が済まないのですが、あまり参考にならなくて申し訳ないです。

やはりコガネムシ幼虫には粒状の殺虫剤などを使うしかないかもしれません。

安全で安く入手できる何かいいもの・・・調査中です。


そして使った後のスリット鉢、皆さんどうされてますか?

私はいつも親指が攣りそうになりながら洗って保管してます。
スリット洗濯.jpg


次回は、いよいよ今年の秋、新しく入手した苗、色々です。

届いたら妻はきっとこう言います。
「毎年10何本も買っているのに、いつまで続くの?」
妄想グーパンチ日記でした。
posted by ino at 15:35| Comment(8) | TrackBack(0) | 病気・被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。