2009年12月05日

12月を迎えて、我が家の新メンバー第三弾

2009年、新メンバー第三弾を紹介します。

どうも!ino です。
昨日は仕事で受注前のプレゼンをしに、東京目黒へ出張でした。
岡山空港まで、1時間、空港から羽田まで1時間です。
会社を朝の8時に出発しましたので、結局は4時間かかっていますが、それでも新幹線での移動よりは少し楽です。

飛行機の機内でふと気づくとジャズがかかっていましたよ。
CAさんに聞くと12月からクリスマスまで曲をかけているそうです。
羽田空港はすっかりXmasムードでした。

得意先の会社へ到着すると周りの雰囲気に少しビックリしました。
ビルの周り?というか、「目黒雅叙園の敷地内にあるの?」なんて思うような優雅なところに高〜いビルがそびえ立っています。
近くには芸能プロダクションのホリプロがありました。

目黒雅叙園.jpg 雅叙園看板.jpg

帰りに秋葉原へよって子供のクリスマスプレゼント?DSiのマジコン(DSTTi)を買って帰りました。
今月から地域の青壮年活動、ローカルFMの活動以外に年末の獅子舞保存会や消防団の夜警が始まり、さらに消防団のポンプ車操法大会の選手(指揮)に選ばれましたので、43歳最後の操法参加で忙しくなります。
子供たちとは、なかなかゆっくり過ごせないので今のうちにいいお父さんになってみようと思いました。




さてブルーベリーですが、

この秋に届いた新メンバーの苗木、第三弾をご紹介したいと思います。

まずは、オーシャン貿易さんに少し珍しい品種があるぞ〜っという事で注文したブルーベリーです。
実は今年発売のレベル以外は昨年の今頃に注文した苗木なんですよ〜。

サザンハイブッシュ系のカミールというパテント品種が品切れという事だったので、すべて揃ってから送ってもらうことにしてたら届くのが晩秋になってしまいました。
注文は昨年までの全てあわせて5本以上での条件で注文していましたので今年もその条件のままで届いたわけです。


※写真はすべてクリックすると拡大されます。

★☆ RE系:バーノン2年苗(左)とホルトブルーハーモニー2年苗(右) ☆★
REバーノン2年苗.jpg REハーモニー2年苗.jpg

★☆ SHb系:カミール2年苗(左)とパルメット2年苗(右) ☆★
SHbカミール2年苗.jpg SHbパルメット2年苗.jpg

★☆ SHb系:今年から発売のレベル2年苗 ☆★
SHbレベル2年苗.jpg

今年はレベルだけでしたが、オーシャン貿易さんから送られてきたカタログには「弊社が独占販売権を取得している品種」として、かなり興味のある新しいパテント品種が載っていました。

前にtemujinさんのブログでリンクされていたサイトに載っている評判の品種が続々とです。




ここからは12月の2日に届いたばかりの大関ナーセリーさんからの苗木です。


★☆ 枯らしてしまったトロ(左)とミーダー(右)とリベール ☆★
NHbトロ2年苗.jpg NHbミーダー2年苗.jpg

トロは他の2年生苗木と比べて少し小さいです。
追加の2本をトロとミーダーで注文し、途中にミーダーからリベールに変更して、変更通知の封書も届いていたのですが、届いた苗木はミーダーでした。
実はトロなんですが、2006年から毎年購入していて毎回枯らしてしまうし、挿し木はすべて失敗。
今年は接ぎ木で種の保存をしたいと思っていたのですが期待以上に小さいので苗木交換の要望をだしていました。


★☆ NHb系:ネルソン(左)とサンライズ(右) ☆★
NHbネルソン2年苗.jpg NHbサンライズ2年苗.jpg

2品種とも信頼できるホームセンター(製造卸は有名な方)で購入し立派な4年生がありましたがお世話になっている知り合いの畑に引っ越しました。
全く予備の苗木がなかったので新しく追加です。


★☆ NHb系:ハナンズ・チョイス ☆★
NHbハナンズ・チョイス2年苗.jpg

ニッポン緑産から購入した1年生のハンナチョイスがあるのですが、少し不調気味なのと、昨年購入したカーラズ・チョイスが大関産なので何となくセットにしてしまいました。


★☆ RE系:ボニータ ☆★
REボニータ2年苗.jpg

今年2月にkeiさんからボニータの挿穂を頂いて、順調に成長はしてはいるのですが、注文時はバックアップがなかったので注文していました。

★☆ SHb系:アーレン ☆★
SHbアーレン2年苗.jpg

パテント品種ではないですが大関ナーセリーさん推奨品種の新品種アーレンです。
同封書類にアーレンの一部にある「すす病によく似た症状」に関するコメントが入っており「すす病」は国際的にもブルーベリーの栽培に悪い影響を及ぼすものではないという記事のコピーがありました。
昨年、電話で社長さんから聞いた内容と同じような内容だと思ました。
アーレンは国内での栽培情報がほとんどないので、これからの様子が楽しみですね。


★☆ RE系パテント品種:オクラッカニー(左)とアラパハ(右) ☆★
REオクラッカニー2年苗.jpg REアラパハ2年苗.jpg


★☆ SHb系パテント品種:ミレニア(左)とフロリダサファイア(右) ☆★
SHbミレニア2年苗.jpg SHbフロリダサファイア2年苗.jpg


★☆ SHb系パテント品種:サウスムーン(左)とエメラルド(右) ☆★
SHbサウスムーン2年苗.jpg SHbエメラルド2年苗.jpg



そしてこの記事を書いている間に大関ナーセリーの社長さんからトロの大きさが小さい件について電話を頂きましたよ。
18分間話をしました。

社長が仰るには、トロの圃場に確認しに行ったところ、全体的に小さかったので「あぁこれが行ったんだなぁ」って思ったそうで、返金してくれるとの事。
でも我が家には間違って届いたミーダーがあって、欲しいリベールが届いてないことを申し訳なく思ってくれていたので交換条件として、ミーダー返却なしでリベールを新たに送ってくれる事になりました。
トロは小さく、挿穂が採れそうなところは無さそうだったのですが、抜いて根を見てみると白い細根が活発そうだったので、そのまま活着してくれることを祈って育てたいと思います。

そして今年の植え替えですが、根を軽くほぐす程度に揉んで、そのまま地植え用土に埋めて、根が少しでも馴染んでくれるかどうか様子を見てみようと思います。
そして来春に根の成長を確認してから再度の植え替えをするか考えようと思います。

ちなみに地植えについてアドバイスを頂いたので少し紹介しますね。
大関さんが仰るには、最近は穴は掘ってもいい根は20〜30cmくらいにしか伸びないので、ピートモスを鋤き込んで耕耘機で耕し、そこに苗木を軽く埋め、高畦(畝)にするそうです。
高畦(畝)にするのは知っていましたが、50cmくらい掘って更に高くすると、とてもピートモスが足らないので、畑の地植えは少し穴を籾殻多めで埋め戻してから植え替えようと思います。

そして、最近の流行は、列間は広めでも樹間は1m以内くらいでもいいそうです。
最近はいいパテント品種が次から次へと出ているので成木として大きく育てるよりも品種の更新を早くするようです。



今年も結構品種を増やしてしまいました。


最近、購入や入手履歴を「BBDB」と題してDBではないですが、Excelで作ってます。
英品名をKeyにMaster情報としてテーブルを作り、入手履歴とリンクさせています。

BBDB01.jpg

BBDB02.jpg

BBDB03.jpg

クリックして拡大表示するとなんとかわかるのですが、かなり項目が増えてしまいました。
自分の経験で感じた内容をできるだけ入れてはいますが、まだまだほとんどが調べた情報で、色々なところから集めて整理中です。
コメントなんかも項目別に整理してるんですけどね〜。

家族からは冷たい意見もちらほら。。。冷たい視線を感じています。

でもね、毎月 15,000円の小遣いとボーナス時のおまけで、全てお小遣いの範囲でなんとかがんばってるんですよ。
多少は出張なんかの日当も貯め込んでますが。。。

ここカミングアウト。

私は毎月、町内行事や消防、獅子舞保存会の練習と毎週のように飲む機会はありますが基本的にお酒が弱いです。
大学時代より新入生歓迎パーティ、追い出しコンパ、などゲーゲー経験し、みんな強くなっていきました。

なかなか強くはなりません。どちらかというと、飲めないコンプレックスです。
酎ハイ1杯とつまみを食ってワリカンなので損した気分もありますが、その場の雰囲気で楽しくやってます。
「飲めないなら飲まなきゃいいじゃん」って言われますが、まぁまぁ自分のペースです。

なので飲み代がいりません。打ちません。たばこは5年前にやめました。
妻からは取りあってもらえませんが浮気もしてません。

つまらない男になりそうなので最近、水泳を始めました。
posted by ino at 23:00| Comment(22) | TrackBack(0) | ブルーベリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

11月、新しく我が家に引っ越してきた苗木と畑のマルチ

我が家の新メンバー第二弾を紹介します。

こんにちは。ino です。
11月はじめての更新、で既に12月、この度も久々の更新となってしまいました。

この秋に我が家に引っ越してきた、新メンバーの苗木、第一弾は前々回記事のtemujinさんからのプレゼントでした。

そして今回は第二弾をご紹介したいと思います。

その前に第一、第二ときて第三弾はあるのか?と申しますと、我が家には、まだ大関ナーセリーさんの苗木は届いていません。
なので、オーシャン貿易さんから届いた苗木とあわせてご紹介したいと思います。

ちなみに大関さんの苗木、なぜまだ届いていないか?と申しますのは、予約開始と同時に注文、支払いを早々に済ませたのですが、発送希望時期の指定で「中旬」に○をしたものの「何月」のところを指定していませんでした。
おまけに10月末に追加で枯れてしまったトロとリベールを追加したので、到着日は12月1日です。


★☆ リンナイさんより星シリーズ ☆★
リンナイセット.jpg

↑左側が「おおつぶ星」で、右側が噂の「はやばや星」です。

はやばや星.jpg

↑こちらは「はやばや星」ですが、我が家のはこの大きさで、届いてから少し成長しています。
元々苗木の中にIB化成らしき、10:10:10:1のような物が入っており、簡易ビニールケースに入れておりました。


★☆ かいづさんから送っていただいたプチルビー ☆★
プチルビーかいづさんより.jpg

↑ご覧のとおり、根本から、わんさか生えてきております。
来年1年間繁らせて、

「再来年は、ルビーの宝石箱や〜っ!」

すみません。
かいづさん、ありがとうございました。


★☆ サカタのタネより ラズベリー スタンザ ☆★
ラズベリースタンザラベル.jpg

ラズベリースタンザ葉.jpgラズベリースタンザ.jpg

★☆ サカタのタネより タイベリー メジーナ ☆★
タイベリーメジナ.jpg

明らかに衝動買いです。
実はカタログをみていると「ライム ファンタジー コルシカ」というのがありまして衝動にかられていますが、妻の顔を見て、グッとこらえています(汗)

そして近くのコメリでは「ゆず(多田錦)」の接木が980円で売られており、「買ってください!」とうったえています。

これも思い浮かべて。。。です。

以上、我が家の新メンバー、第二弾でした。




畑のブルーベリーにマルチを施しています。


★☆ 1年間、積み上げてねかした樹皮 ☆★
1年前樹皮.jpg

1年前樹皮アップ.jpg

↑山積みを起こしてみると白〜い共生菌らしきものがありました。
苗木の上の直接マルチはこちらから使う予定です。


★☆ 今年、手配した樹皮 ☆★
樹皮2t深ぼて.jpg

↑2トン車の深ぼてで運んでもらった樹皮です。
檜メインで、松が少しだけ混ざっていたのですが、手間賃、運び賃、畑用のバーク堆肥を込みで4000円でした。


★☆ 畝の上の樹間に新しいマルチ ☆★
畝マルチ.jpg

★☆ 畝間にはナギナタガヤで草生してマルチ ☆★
ナギナタガヤ1130.jpg

樹間には樹皮でマルチをして、畝間はナギナタガヤの草生でマルチに挑戦してみます。

樹間マルチの新しい樹皮は庭植えでもしていたので、心配はしていませんが、何しろ畑草との勝負。
ナギナタガヤもうまく覆ってくれることを祈ってます。




最後に畑での収穫です。

★☆ はじめてのカリフラワー ☆★
収穫カリフラワー.jpg

↑はじめてのカリフラワーです。小さいですが、とてもうれしい〜。
ただいまブロコッリーや白菜、春菊に大根など、成長中ですが、虫除けや殺菌、肥料に土寄せとやっぱり色々と大変です。


★☆ タマネギ各種植えました ☆★
タマネギ苗.jpg

マルチはしていません。
こちらもはじめてのこころみですよ。

またまた長くなりましたがぎりぎり11月の日付の更新でした〜。
posted by ino at 23:38| Comment(10) | TrackBack(0) | 果樹いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

紅ほっぺの植え付けと荷物で届いたパーライト

どうも!inoです。

今日は午後から有給で強制的に帰されました。

因みに11月2日は一時帰休で決まっており、社員の半数は4連休です。

しかし我が家には昨日の夜から39度も熱がでた長男がおりまして、今朝一番で妻に病院へ連れて行ってもらいました。
そして仕事中に1通のメールが。。。

どうやら新型インフルエンザとのこと。

正式には、PCR検査を受けて判明するらしいのですが、妻が言うには、この時期にインフルエンザウィルス検査でA型陽性とでたらほぼ新型と見ているとのこと。

会社では同居する家族内で新型インフルエンザにかかったら3営業日の自宅待機という規則になっています。
感染するタイミングと潜伏期間など不確定要素を考えればあまり効果的ではありませんが、みんなで決めた規則なので仕方ありません。

明後日から祭りだといのに長男は養生のためしょんぼり。

そして、次男坊も機嫌が悪くなってきました。

我が家では急に「手洗い」や「うがい」を徹底し始めましたが、次男、長女への感染が気になります。



さて下の写真は3人の子供たちと一緒に植え付けたイチゴ、紅ほっぺです。

10株しかありませんが、2株ずつそれぞれの名前ラベルがついてます。

紅ほっぺ植え.jpg

紅ほっぺ苗木.jpg

一番下の子は「いつイチゴ食べるの?」とすでに食べる気満々です。
来年が待ち遠しいです!



そして昨日、荷物で届いた黒曜石のパーライト、太平洋パーライトです。

以前に「芙蓉パーライト株式会社」さんから、ビーナスライトの5号 50リットル(20号)を2袋、購入しましたが、畑ように使っていたら無くなってしまいそうです。

↓ その時の記事です ↓

http://inoxy.seesaa.net/article/108331466.html

そして前回の購入先は変わってしまい、色々と他の購入先を探しておりましたが、どうもいいお値段で買う気になりませんでした。

そこで育苗で有名な方から「太平洋パーライト」のキーワード聞いた事を思い出しました。
早速、太平洋マテリアルさんへ連絡して近く購入できる代理店を紹介してもらいました。
電話して2日後に届きました。

届いた荷物.jpg

太平洋パーライトには、黒曜石のものと真珠岩のもの、粒状と粉状の各種類があるので、黒曜石粒状のM1という商品にしました。

黒曜石M-1.jpg

詳しい商品各種についてはネットでお調べください。

パーライトは、日本語で真珠岩(しんじゅがん)ともいい、火山岩の一種のようです。
日本では「パーライト」というと原石を粉砕・焼成・発泡させたものと規定されており、原石が真珠岩でも黒曜石でもパーライトと呼ばれているみたいです。

そして黒曜石パーライトは、日本特有のパーライトのようで、詳しくは「芙蓉パーライト株式会社」さんのページで説明されてます。

天然ガラス系岩石で作られているパーライトを扱うときはマスクなどをして舞い上がった粉を吸わないよう心がけましょう!
posted by ino at 18:29| Comment(12) | TrackBack(0) | 果樹いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

嬉しいプレゼントとブルーベリー畑の様子いろいろ

やっと、ヤブ蚊なんかも気にならず、作業のしやすい季節となりました。
この時期はお風呂に入っていても、トイレでも、寝る前でも、頭の中はブルーベリーのことが浮かんで考えています。

やることがいっぱいあって、休みという休みを全てブルーベリーに費やしたい毎日ですがそうはいきませんね!

そんな中、10月21日(水)に広島へ出張で、その帰りに、temujinさんの所へおじゃましてきました。
着くと、ブログでお見かけするpakipakiさんが来られており、とても優しそうな感じの方で握手を交わしてお別れしました。

この度、temujinさんには気持ち程度のお土産しかお持ちしていないのに、とても豪勢なプレゼントを頂きました。

☆実は春から「欲しい光線」をだしていたデニース☆
temuデニス.jpg

☆頂いたデニースと他にも色々☆
temu頂き物一式.jpg

デニース以外にも、我が家で種の保存が途切れてしまった品種などなどあって色々と頂きました。

☆こんなに大きくなるサンプソン☆
temuサンプソン.jpg

確かtemujinさんの記事で、この春に買われたばかりのサンプソンです。
この成長っぷり、本当にビックリですね〜。
これは、このまま畑で地に降ろすことになりそうです。

そして、この他にもブログの記事にあった挿し木用のスリットのEG7.5サイズと40穴トレイ一式を2セット、頂きました。

こんなに愛情を込めて育てた苗木を沢山頂きまして、本当にありがとうございます。
大切に育てて畑の親株にしたいと思います。



今回も久々の更新なので、か・な・り、ながい記事ですよ〜。

ここからは、2年越しでお借りている旧牧草地の畑について近況報告です。

畑の方は、早くブルーベリーいっぱい実るブルーベリー畑にしたいのですが、なかなか思うようにはなりません。
気づいていない失敗もあると思いますが、大きな失敗を3つ。


☆失敗その1:畝作り☆
「沢山植えた〜い」っと思いがついつい先行して、高さ20cmの畝で、1.5m間隔で作ってしまいました。
鋤簾で苦労してつくりましたが、ブルーベリーの場合は作業のやり易さからも考慮して、しっかり余裕をもった間隔にするべきですね。

まぁそれでも結局、2.0m間隔しかできなかったんですけどね!
旧牧草地といっても畑草いっぱいのところだったので一度作った畝を壊して作り直すのは本当に大変でした。


☆失敗その2:雑草対策☆
トラクターと耕耘機で3回ほど梅雨前に耕しておいたので安心したのが失敗でした。
仕事や町内行事が忙しく、ちょっとの間、手がつけられずにいたらもう大変です。
気がつけば、ぎっしりと1mくらいの高さまで信じられないほど、雑草が生えていました。
何しろ刈り払い機でかっても倒れませんから。。。


☆失敗その3:タイミングと時期と計画性☆
ユンボで60cm×60cm×50cm穴を80箇所。でも掘った深さと畝の高さ分まで計算に入れておらず資材が足りませんでした。
掘ったあとの土の置き場所も畝間に置いたので、今度はスコップなどの人力で戻すのはとても大変で整備が進みません。

このような作業は初回だけなんですが、その初めの計画性が肝心なんですよね!
皆さん、ブルーベリー畑を作る時は、時期も合わせて計画性が必要です。



☆畑の様子(全体)☆
1022畑_全体.jpg

車で中まで入れるように真ん中に道をつけました。
そして休憩や昼食、収穫祭をして楽しむを目的に櫓を組んでもらっています。


☆右側のブルーベリー予定地☆
1022畑_右側.jpg

肝心のブルーベリー苗木の植え付けが完成していません。


☆左側の野菜畑☆
1022畑_野菜たち.jpg

ブロッコリー、カリフラワー、白菜にほうれん草、春菊を植えています。
子供たちと誰のイチゴかの名札をつけたイチゴ苗(紅ほっぺ)も植える予定です。
どうです〜。ココは本当に眺めがいいんです。
おにぎり持って昼休憩なんかしたら眠たくなりますよ〜。


☆資材色々とピート池☆
資材とピート池.jpg

ピート池.jpg

籾殻を親戚や知り合いから沢山もらってきました。
ピートモスとココチップは足りませんでした。資金面もたりませんでした(笑)
ユンボで穴を掘ってピートモスを雨水を吸わせて寝かせておく小さな溜め池です。


☆掘った穴に籾殻☆
移植前03.jpg

60cm×60cm×50cmの穴に籾殻をバケツ二杯入れました。
当地では籾殻のことを「すくも」と呼んでますがこれは地方の方言なんでしょうか?
検索でも出てくるのでお近くの方言?それとも、もしかして全国共通?


☆ピートモス、ココチップ、ビーナスライトを混入☆
移植前04.jpg

バケツ二杯分なのに明らかに足りてません。
畝で+20cmとするなら掘り下げは30cmで充分だったかも知れませんが、埋め戻せばいいことなので土壌改良にはプラスということで。。。


☆不調だったオニールと紅葉を始めたアリスブルー☆
1022畑_オニール.jpg

家の西側で不調になりカイガラムシがついていたのを、今年の春に植え替えて、「少しは復活したかなぁ〜」って感じのオニールです。
そして突然、自宅に戻りまして〜。
ついに紅葉をはじめました、アリスブルーです。

紅葉アリスブルー.jpg

よ〜く考えると追肥していない気がします。
少し前まではもっと鮮やかだったんですけどね〜。


☆雪印系ナギナタガヤ種☆
雪印系ナギナタガヤ種.jpg

最後に雪印種苗さんのナギナタガヤです。
タネが欲しくて本社に問い合わせた所、近くに直営工場があり、直接買いに行ったナギナタガヤです。
在来種や海外のものなど色々あるようですが早く倒れる雪印系を選びました。
これで草生栽培、雑草対策を試してみます。
ついでにあるのは白クローバーの種です。
一緒に混ぜてみたいと思います。

1022畑_ナギナタガヤ.jpg

こちらはタネを蒔いて3週間くらいたった様子です。
いっぺんには出来ておらず、まだ蒔いていないところもあります。



やはり長くなりましたね〜。

最後まで見て頂きましてありがとうございます!


9月から「休みと暇」さえあれば畑へ行って試行錯誤。
3人いる子供の面倒は見切れいなぁ〜い。
子供を畑に連れて行けば「パパあ・そ・ぼ!」最初はいいんですがどうしても「暑い、疲れた、帰りたい〜」結局、家に連れて帰ります。

で、そうなると今度は、妻と母から「いい加減、ほどほどにしなさいよっ!」
「妄想グーパンチ日記」といいながら、このところ平和だったんです。

しかし、内緒で買っていたブルーベリーの苗木が届き、ラズベリーなどサカタのタネの明細がバレてから、どうも最近はちょっとしたことで大目玉を喰らってます。
そうそう、もうすぐ届く、大関さんの明細もバレました。荷物が届くのがちょっと怖い(汗)

妄想ですが、今回は、か・な・り・のグーパンチです。
posted by ino at 00:07| Comment(16) | TrackBack(0) | 植え替え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

コガネ虫の幼虫と椿油かすの効果について

こんにちわ ino です。

8月、9月と更新をサボり、そして会社のPCで休み時間などに皆様のブログにお邪魔してコメントしてました。
本当に不定期に失礼して、申し訳ありませんでした。

そして今回は、9月が過ぎてしまい、久々の更新となりました。
この度は6月に「椿油かす」に含まれるサポニンの効果についてご報告したいと思います。

「椿油かす」は伊豆大島のとある所にあります、そのままの名前の会社様より送料のみで譲っていただいた代物です。

実はそのあと1匹だけ越冬したコガネ幼虫(以降、○○○)がいましたので、鉢の下から逃げられないようにして効果の実験をしました。
しかし、結果はいなくなってしまったのです。
死んで分解されたのか?それとも成虫になって飛んでいったのか?
わかりませんでした。

なので今度は生み付けられた後の効果として様子を見ようと10号鉢以上の鉢に肥料代わりに仕込んでおきました。

そして先日、○○○チェックをしたところ、一つの鉢から10数匹見つかりましたが、他の鉢からは見つかっておりません。

○○○の幼少期に効果があったのか♪
と思いながらも、まずこの時点で、なぜノースブルーに???

でも「きっとこのノースブルーだけ施肥するのを忘れていたんだ」ということにして。。。

そして実験しました。
では、捕まえた○○○を利用して、以下は写真をご覧ください。

☆捕まえたま○○○10数匹☆
コガネ実験01.jpg

☆枯れてしまったスターの根っこへどうぞ○○○さん☆
コガネ実験02.jpg

☆油かすとともによーく泡立てて☆
コガネ実験03.jpg

☆まずは椿油かすを敷き詰めます☆
コガネ実験04.jpg

☆下からは逃げられませんからっ〜☆
コガネ実験05.jpg

☆一応サポニン、サポニンっと☆
コガネ実験06.jpg

☆泡立ってるな〜☆
コガネ実験07.jpg

これで様子を見ましたです。
一般の方からすると残酷なことをしています。
子供からは「自然破壊じゃーっ」「パパやめて〜っ」

申し訳ないですが今まで裏山に散っていったブルーベリーと引き替えにさせていただきます。

そして約1週間後のある日、携帯にグーパンチ日記らしいメールが。。。

「なぁ〜んか、玄関口で、すっごい臭いけど、何〜っ!」
「ザリガニでも死んだような臭いがするけど、いい加減にして〜っ」

ここからは今まだに嗅いだことのない悪臭でした。

☆まずは桶の中に出してみました☆
コガネ実験11.jpg

☆生きている○○○と死んでいる○○○☆
コガネ実験12.jpg

☆もう○○○の形があまりありません。☆
コガネ実験13.jpg

☆ナメクジには効果ありのようです。☆
コガネ実験14.jpg

結果発表っ〜

○よく思える結果○
・ナメクジには効果はある
・○○○は死んでいた、そして弱っていた。
・卵から孵ったばかりの○○○には効果があるかも〜
・成分はわかりませんが肥料として使われています。

○勘違いじゃーねーの○
・水分に弱いのでそれで死んだんじゃない
・臭かったのはナメクジじゃーねーの
・幾ら何でも臭いのは・・・
・椿かすが臭いのでは?

過湿気味だったので死んだのかもしれませんね?
でも明らかに生きていた他の○○○は弱っていました。
そしてはじめに放した時の数に対して見つかった○○○の数は足らなかった。

うーん!でもねぇ、臭いのも、たまりませんから〜。
だってシャワー浴びたのに鼻に臭いが残っているようで酷かった。

来年、卵から孵ったばかりの○○○対策として、6月頃にもう一度、施肥してみたいと思います。

それでダメなら。。。

今はダイアジノン粒剤5はハンコいらないのかな〜?
普通にガラスケースの外にありました。
効き目がなかったら、来年以降で考えます。

ということで、なかなかはっきりしませんでしたが結果報告とさせてください。

ちゅっと宣伝ですが、8月よりローカルなFM試験放送中のこちらで、月1回の1時間番組をやらせて頂いてマース!もう2年目なんですよ!
番組名は小原マイタウンです。
岡山県北で聞けますので、もし、もし、お近くに来られたら聞いてください。

http://www.fm-tsuyama.jp/

そして、10月2日、今日は可愛い次男坊の3歳の誕生日。
私が定年の頃には、やっと二十歳の成人です。
今日は仮面ライダーダブルの変身ベルトを買って帰ります。

長々とおつきあいありがとうございました。
posted by ino at 00:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 病気・被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

8月の更新サボってます。

こんにちわ!ご無沙汰しております ino です。
皆様は、お体などの調子は崩されていませんか?

私は持病の腰痛が治らず、とは言え特別しんどい病気にかかっているわけでもないのに、なんとなく落ち着かず、自宅ではPCの前に座る気になれずに8月はブログの更新をサボってしまっています。

家では町内行事や配り物手配、余裕があれば子供との接する時間を考え、会社では皆さんのブログで各種収穫から挿し木などされている様子を読み逃げしている次第です。ごめんなさい。

8月は畑の様子も一変してしまいました。
せっかく畝作りをして準備をしておりましたが、時既に遅し、梅雨を過ぎて夏場を越えて、秋に地植えへと移行するつもりでしたが、気がつけば信じられないほどの雑草の芝生状態。
先日、やっと草刈りを終え、今度は刈った草の大きな山。
堆肥用につかえますかね?
秋にはナギナタガヤで草生栽培をするつもりで雪印種苗へ2kg注文して既に家に届きました。

そして挿し木の鉢上げを少々しました。
写真は撮れておりません。

8月は畑の世話に追われたこと。
貧弱な挿し木の成長だったこと。

そして決め手はいくつかの7号鉢が枯れました。
2007年秋に2年生で購入してそこそこ成長していたにもかかわらず、根はあまり成長しておりませんでした。
リベール、ブルージェイ、コビル、ブルーヘブン、ミーダーといった所でしょうか。
どうも成長不良が多く、少しスランプぎみです。

椿油かすの成果、はっきりでていません。
一匹だけ捕まえて実験しましたが、冬越しだったのか、気がつけばいませんでした。
下からは逃げられないようにしていたので成虫になって飛んでいったのかも知れません。
ただ枯れた鉢はコガネ君ではなさそうです。
チェックしていたら試しますが、前もって椿油かすを入れていた鉢は今のところ元気です。
卵から孵化した幼虫に効果があったらのなら嬉しいのですがはっきりとした報告になりません。

かなり暗い日記になりましたが、9月は気分を一転。
地植えの畑作りに励みます。
挿し木も鉢上げしていきます。

せっかく4号と5号スリットを100鉢ずつ購入したのにもったいないですからね!

これからは涼しくて良い季節に入りますね。
忙しくなりますががんばって参ります。
posted by ino at 12:45| 閑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

7月のニュース、色々です。

色々な諸事情もあり、またまた久々の更新となってしまいました。
ゆるめのブログと言いながらも7月に入ってもう10日、もう少し更新するように反省している次第です。

さて、この度も色々話題が混ざってます。


ブルーベリーの収穫、ヒヨドリ?ムクドリ?子供たち?


庭に植えたチャンドラーとブリジッタを子供たちが収穫している様子です。

子供たちの収穫01.jpg

子供たちの収穫02.jpg

今年のチャンドラーは、少しならせすぎました。
恥ずかしいくらい小さいです。
なので計測写真はカットで、ブリジッタがメインの今日の収穫です。

ブリジッタとチャンドラー.jpg

まだチャンドラーは収穫中ですが、もう500円玉はないです。

少し前のブルーヘブンとエチョウタの写真です。
ブルーヘブンはハイブッシュ系なのに丸〜い形が大好きです。

ブルーヘブン果実.jpg

そしてエチョウタ↓ですが、今年は3粒ほどだけならしてみました。
実は摘果漏れです。

エチョウタ果実.jpg



少し変わった挿し木の様子です。

写真↓は、昨年の3月に休眠挿しした中の「おちこぼれ君」で、今年の6月後半の様子です。
枝が全く枯れていなかったので年末に確認したら発根だけしており、この春からの成長を見守っていたんです。

後咲きの挿し木01.jpg

下↓のパウダーブルーも同じく、ずーっと1本枝のままだったんですよ。
諦めるつもりで抜いたときの写真なんです。

後咲きの挿し木02.jpg

後咲きの挿し木03.jpg

何か見てはいけない物を見たような感じがしました。
ついスナフキンを探してしまいました(笑)



諦めかけていた接ぎ木、粘った甲斐がありました。

↓こちらはもう諦めかけていた時の6月の様子です。

サミット接ぎ木.jpg

そして今日の感じ〜。

サミット接ぎ木その後.jpg

少し安心しました。

下↓の写真は庭に生えていた「野良ゆず」を台木にしたレモン(リスボン)とタヒチライムのライムの接ぎ木、6月の様子です。

ゆず台木ライム.jpg

そして今日の感じ〜。

ゆず台木ライムその後.jpg

このまま、このまま〜。


他の接ぎ木たちです。

接ぎ木の今01.jpg

こちら↓は他品種を継いだのですがアーリーブルーだけ順調で、あとはアウトー。

接ぎ木の今02.jpg

接ぎ木の今03.jpg

でもアーリーブルーは過去に一度も大きく育てられていないので、このまま上手く成長してほしいです。



最後になぜブルーベリーにコイツがいるの?

いいですか?

覚悟してください!

我が家は山が近いので家中に出没するイヤなやつです。
足がたくさんあるヤツです。























ブルーベリーにムカデ.jpg

意外と大きなヤツでした。
片割れはもっと大きかったです。

最後にこんな画像で申し訳ないです。ふらふら
posted by ino at 22:00| Comment(13) | TrackBack(0) | 閑話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

コガネムシの幼虫対策(椿油かす)

コガネムシの幼虫対策への試み

10号鉢以上のブルーベリー3年生以上で「来年こそは収穫!」とか「これからっ!」という鉢に時折「コガネムシの幼虫が根を食い荒らす」という害虫被害にあいます。

皆様のブログではスパータンが収穫されておりますが、今期の我が家にはありません。
昨年はヌイもプルもブルーヘブンもやられてしまいました。


そこでブルーベリーブログの皆さんの情報より「椿油かす」に含まれるサポニンの効果について少し期待をもちつつ、試みてみました。

期待される効果や危険性などについて興味のある方は、情報として全て引用になりますので「椿油かす」のキーワードで調べてみてください。

「椿油かす」を試すべく、入手しようと調べていくうちに、以外と肥料としては、いいお値段で売られていることに気づきました。

そして、伊豆大島や五島列島など、国産の「椿油」の製油所があるところでは、椿油かすは肥料として地元の方が使われているようです。

いきなり、伊豆大島のとある所に問い合わせ、また問い合わせ、行き着いたところ、ある会社より送料持ちで送っていただきました。
善し悪しに限らず、結果をご連絡する約束です。

椿油かす01.jpg

思っていたより重たいです。
そして袋の上から触った感じは予想外でした。

椿油かす02.jpg

このようにローラーか何かで絞りきったようなあとがついています。
この状態でパキパキッとした堅めの、お煎餅のような状態です。

椿油かす03.jpg

手で壊して、両手で揉みほぐすようにするとこうなります。↓

椿油かす04.jpg

そして水をかけてみました。
送っていただいた方から「形状等についてお知らせしていなかったこと」を気にされていましたが、全くご心配いりません。

椿油かす05.jpg

サポニンが含まれているので泡が立ってきました。↓
シャワー水で水をかけますと、もっと泡立ちます。

椿油かす06.jpg

何となく柔らかくなってきました。↓

椿油かす07.jpg

ふと気づくといい感じのペースト状になってきました。↓

椿油かす08.jpg

溶けすぎても?と思い、ほどほどの粘土状で予防策としていくつかの鉢に入れてみました。

椿油かす09.jpg

成分がわかりませんので少し様子を見ます。

今度、コガネムシの幼虫を見つけたら枯れたブルーベリーの鉢に、上記の状態で施して、コガネムシの幼虫を放して様子を見てみます。

ちなみにコガネムシの幼虫は底にあるスリットの間から逃げてしまうので鉢はバケツの中に入れておきます。
posted by ino at 19:00| Comment(13) | TrackBack(0) | 病気・被害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

ニュース、色々

今日は朝から一日中、借りてる畑で過ごしました。

昨日は子供と一緒に学校行事でドッジボール。
そして財布に免許証がない事に気づき、いくら探しても見つかりません。
たぶん一ヶ月前からありません。全く気にもしてくれない家族にあたってしまいました。
妻からは冷たい睨みと握り拳。グーパンチ(妄想では火がでて渦を巻いてます)って感じ。
おまけに妻の飲み会で12:00に迎えに行って喧嘩です。

なので家には居づらくて、今朝から一人で畑で過ごしました。
草取り、畝作り、そして「水如」と「オクラ」「トマト」を植えました。
あとイチジク(リサとコナドリア)2本と長崎早生のびわを植えました。

今日は愚痴っぽいのでコメントなしにしてます。


パトリオットがやっと色づきました。

人工授粉もしないまま、決して元気のいい状態でもないのですが我が家では最初の色づきです。
でも他がまだまだ青々とした幼果のままですがね!

色づき一番.jpg



フェイジョア:ジェミニの花が咲きました。

何度みても私には情熱的に見える花です。

フェイジョア.jpg



その後の雨樋利用の様子です。

まだ梅雨には入っていませんが何度かいっぱいになりました。
工夫次第で楽しめそうです。
接続時と通常時です。切り替えは手動ですね!

雨樋接続時.jpg雨樋通常時.jpg

そして溜まったポリバケツ90リットル。

溜まったポリ.jpg



品種不明のミニバラが全開です。

前は庭に植えていましたが、あまりにも手がつけられなくなるので根切りをして鉢植えに変更。
しかしその後も毎年元気に咲いてくれますが今年はなんと隣の木の高さ付近まで伸びてしまってます。

ミニバラ咲いた.jpg
posted by ino at 21:53| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

2月3月に接ぎ木した、6月の様子

接ぎ木、その後の様子

皆様のところでは幼果が色づきはじめ、そして収穫前の様子ですが、我が家ではまだ色づき始めていません。

なので、今年の2月、3月に会社に植えてあったラビットアイ3品種を接ぎ木にした、その後の様子です。

接ぎ木スパータン(台木:ティフブルー)

スパータン接ぎ木.jpg

2週間くらい前には既に諦めかけておりまして。。。

「吟じます!」

「コガネムシを、心配してマルチをゴソゴソトしてたら〜ぁ〜あ〜♪」
「水分いっぱいのものがポキッとおれて、あれっ?サッカーに養分が?と思った瞬間に〜ぃ〜い〜っ♪」
「なんだか、いけそうな気がするぅ〜♪」

すみません。でもそう思ったんですからしょうがないですよね(^^)
理由は別として、このまま様子をみま〜す。

サミット接ぎ木.jpg

実はこちらも、今頃からなぜか結構伸び始めました。
うーん!わかりません。

そしてこちらは無理かもしれません。
でもこのまま様子をみます。

サミット接ぎ木2.jpg



昨年、譲って頂いた九州産の接ぎ木サミットです。

昨年、temujinさんにサミット、シエラ、スパータンを2本ずつ譲って頂きました。
今年の冬に思い切って、二次成長部分ではなく、一次成長部分より切り戻しました。
本当に勇気がいりましたよ〜。

九州産サミットその後1.jpg

そして今はシュートもグングン伸びて、今は切り戻した高さ以上になってます。
まずは、一安心です。

九州産サミットその後2.jpg

そして今はこんな感じですが。。。

九州産接ぎ木6月.jpg

この秋には地植えへ移そうか?と考えています。

スパータンなんですが、きれいに120°間隔で三本伸びていたんですよ。
でも上から干していた布団が落ちてきて、大事なシュートが折れてしまいました。

「くやしいですっ!」



野良ゆず3兄弟より、レモン(リスボン)とタヒチライムの台木

まずはじめにご長男の「そのまま柚くん」です。

野良ゆず.jpg

気がつけば虫に葉っぱを食べられてます。

そして、ゆず台木の弟たちですが、どちらも接ぎ穂が黄色くなり始めておりまして、少し前まで完全に諦めてたんです。

でもレモンのほうがここへ来て、急に成長し始めました。
なぜなんでしょうね?

ゆず台木レモン.jpg

生きている感はあるでしょう?

でも〜ライムはアウトーっ!
なので「この時期がベストなのか?」と勝手にポジティブ思考で。。。

ゆず台木ライム.jpg

挿し木からタヒチライムを抜いて、接ぎ直し!
そしてぐるぐるミイラ巻きです。

お願い!神様!どうせなら二人ともうまく成功してください。
ラベル:接ぎ木 ゆず台木
posted by ino at 23:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 挿し木・接ぎ木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。